住宅ローンを組んだときのトラブルとは?

住宅ローンを長年組んでいると、思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利をわけると変動金利と固定金利という物があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組む際はまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなどソニー銀行の住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

住宅ローンの審査基準が甘いフラット35とは?